一般的な葬儀にかかる費用について

地域によっても異なりますが、火葬と納骨だけの場合10万円からになります。一般的な価格としては100万円からになります。

葬儀に参列する人のマナーとは

服装のチェックをします

葬儀ではキラキラした装飾品はマナー違反です。派手な装飾を施されたカバンや靴は控えましょう。

男性は黒のネクタイ、女性は黒のストッキング

柄のあるカラフルなネクタイもマナー違反です。男性は黒のシンプルなネクタイ、女性は素足ではなく黒のタイツを履くといいでしょう。

時間に遅れないようにしましょう

参列する場合、交通の遅延や急な仕事などよほどの事情がない限り遅刻はしないようにしましょう。どうしても遅れる場合、遺族へ必ず連絡し後日お焼香へ伺うようにしましょう。

お悔みの言葉は手短に

積もる話もあるかと思いますが、遺族の方の気持ちを考慮しお悔みは手短にしましょう。

配慮のある会話をしましょう

遺族の方に亡くなられた経緯を聞くのは非常に配慮に欠けた行動なのでやめましょう。悲しみを助長するような話し方も慎んでください。

良いお葬式と言われたい

葬儀会場

お葬式を出すと言う経験をする機会は多くないと思われます。お葬式を出すとなった時に経験することは、非常に短時間で何事も決める必要があると言うことです。お通夜から告別式を出すまで、数日間しかないことが多く、その短い間で式の準備から親戚などへの連絡も行う必要があるからです。またお寺さんへの連絡とか役所へ提出する書類もあるなど、何を急ぐのかと言う判断にも迷うことにもなりかねません。このお葬式に大事なことは、良い葬儀社を探すことが出来るのかと言うことです。良い葬儀社は、喪主さんの心強い味方になってくれ、安心して葬儀を任すことが出来ることになります。そのためには、時間が少なくても慌てて決めないことです。横浜にある評判の良い葬儀社数社を選びだし、見積もりをもらうことにします。その時、費用も大事なことになりますが、担当者が親切で、喪主さんの話を聞いてくれる葬儀社を選びましょう。慣れないお通夜や告別式には喪主さんに寄り添ってくれることが、大事なことになるからです。

前もって決めておくのが一番

住職

葬儀業者は出来るなら、前もって決めておくのが最良の方法です。決めておくことで費用の割引などが考えられるからです。しかし想像もつかないことでお葬式を出すと言ったこともあり得る訳で、その場での対応が必要になって来ます。横浜で葬儀社を選ぶ時には、斎場や葬儀場を持つ専門業者がいます。また冠婚葬祭を全て行う業者もいれば、異業種と言われる団体事業者など、多岐に渡って存在しています。急なお葬式での対応は葬儀専門業者に依頼することが一般的となっていますが、あくまでも担当者と打合せ後に決めることが良い方法です。半数以上の人が、数時間で業者を決めることが多くなっていますが、葬儀業者は時間に関係なく動いてくれますので、慌てることなく熟慮して決めるようにしましょう。

広告募集中