HOME>オススメ情報>相模原で葬儀を行う際の一般的な流れとは?

通夜までの流れとは

葬儀会社へ連絡をし、葬儀の日にちを決めます。納棺の儀を行い斎場へ運び、参列者の対応や僧侶の対応を行います。

葬儀を行う際に気を付けること

葬儀の日時の決定について

葬儀の日にちを決める際、参列者や僧侶、火葬場の予定もあるので強引に進めずきちんと話し合って決めましょう。

事前準備をきちんと行います

参列する方の人数の把握、どの品を渡すのかきちんと把握することが重要です。

御香典の金額の確認をしよう

故人との関係性によって御香典の金額は異なります。あらかじめ御香典の金額はきちんと確認をしましょう。

訃報の連絡は早めに伝えましょう

特に遠方から来られる場合、電車など交通機関の確保をする必要がある為早めに連絡をしましょう。

宗教の確認をしましょう

仏教なのかキリスト教なのか、宗教によって参列の方法も異なる為事前に確認をしましょう。

自分自身の希望を伝えておこう

お骨

自分の葬儀の準備を生前からしておくことは、実はとても大切なことです。自分がもしもの時にどのように見送って欲しいかをある程度はっきりと伝えておくことで、残された家族が悩まずに済むケースは多いでしょう。相模原での葬儀の準備とその申し込み方法についてまとめました。

連絡先のリストを作る

焼香

相模原で身近な人が亡くなった際に最初に悩むのが「誰に訃報を伝えればよいか」ということです。故人が生前親しかった人がよくわからないというケースは意外に多いものです。ですから、自分がもし亡くなった時に連絡をとってもらいたい人のリストは必ず作成しましょう。その際には訃報の連絡だけをする人と葬儀の参列案内をする人の区別もしておくと良いです。親族で何人かに連絡をとってもらえる方がいる場合には、そのことも明記しておきましょう。

形式を選択しておく

相模原での葬儀の具体的な希望も伝えておきましょう。参列者の人数と葬儀費用、宗教に関する希望などを考えておくことはもちろんですが、形式についてもよく考えておく必要があります。昔ながらの一般葬はきちんとしたお見送りになる一方、規模が大きくなるため費用は高めになります。ただし香典により費用をある程度賄える部分もあるでしょう。最近増えつつある家族葬は家族やごく親しい人のみが参列するので、ゆっくりと時間をかけたお別れができるのが利点です。基本的に香典は遠慮する形なので思ったより費用負担が大きい場合もあります。希望の葬儀社があれば相談会等で葬儀の予約申し込みもできるので利用すると良いでしょう。

広告募集中