HOME>トピックス>高齢化社会がもたらした変化でもある家族葬

一般葬とより家族葬が多い

お線香

最近のお葬式の形態で聞かれるものに、家族葬があります。以前の葬儀は一般葬と言われ、親戚一同から近所の方々や仕事関係といった多く人が参列することが一般的でした。ですが高齢化社会になったことや家族がバラバラに住むようになり、大きな葬式ではなく小さな葬式を行う遺族が多くなったと考えられます。その一つが埼玉県内で行われる家族葬と言われるものになり、多くの遺族が利用するようになりました。

喪主も遺族もゆっくりとした時間がもてる

焼香

埼玉で家族葬を行う大きなメリットは親戚や仲間うちだで行う葬儀であることから、喪主の人も残された家族も余計な気を使わずに済むと言うことです。一般的な葬儀になるとただでさえ疲労が重なる所に、普段あまりお付き合いのない人までがお参りに来てくれることで更に気を使うなどの必要が出て来てしまいます。心労が重なりお葬式が終わった時には、疲れて倒れてしまったと言う例も多く聞かれることがあります。そんな気苦労から解放されることも、家族葬の良い所です。また簡素に行うことも可能になり、費用を抑える葬儀も出来ることになります。家族葬は小さなお葬式になることから、家族が故人とゆっくりしたお別れも出来ることになる良さもあると思われます。

広告募集中